FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カムバカウントダウンが忙し過ぎる!

ティーザーを何度も見返して。

最後の”Venus” の声は最初誰だろう?と思ったけどヘソンさんですね。
ヘソンさん、また新しい歌い方を開拓したんですね、きっと。
何が楽しみってヘソンさんのソロでは聞けない、シナでの歌い方が聴けること
新しいへそさんが見れるのかと思うとワクワクします

で、そのティーザーについての記事。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
神話、過去最高のパフォーマンスを準備中

「今度の新曲『Venus』は、スピードがあって幻想的な雰囲気だ。神話のメンバーたちはこの曲をタイトル曲に決め、難易度の高い振り付けを練習している。とにかく練習量が多いので、2004年『BRAND NEW』のころのパフォーマンスを連想させる派手なステージになるだろう」と伝えた。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
(こちらは先日翻訳機頼りに載せた記事の翻訳です。)
神話(SHINHWA)、10thアルバムが23日発売 - ニューシングル『Venus』で本格活動スタート

今回の10thアルバムは、神話の全メンバーが作詞、作曲、ディレクティングなど、アルバム制作全般に渡って参加し、収録曲の構成、トラックの順番、トラック間の間隔など、細部まで悩みながら作り上げたという。神話の過去14年間と現在、未来が溶け合った“歴史”でもあり、1つの“作品”ともいえる。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


そして韓国MnetさんのHPにはこんなスペシャルページが!
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[Mnet's Pick]伝説の現実であり、神話のカムバックティーザー映像初独占公開!
20120319 Mnet Special

4年待った。 14年の結晶体。さらに強烈に。さらに魅力的な...!
一つになって帰ってきたパーフェクトナンバー6。王の帰還、"神話"!

2012年3月23日0時、
繊細なディテールを越えて一つの作品に! "THE RETURN" 伝説が現実に行われる日。私たちの目の前に再び立っ彼らに会う...
国内·外の最高のアーティストたちと六人のメンバー全員の共同参加し、神話14年のすべてを溶かし出した10集正規アルバム'The RETURN"発売!

<エリック>"14年という時間の間私たちのそばを守ってくれ、ファンの皆さんがアルバムを捧げます"

<ミヌ>"最初から今まで!今回のアルバムも、すべての情熱と努力を込めて作りました。皆さんYou are my Venusです。"

<ドンワン>"すべてのメンバーが集まって、すべてのメンバーたちの夢が現実になったアルバム。多くの応援お願いします!"

<ヘソン>"神話六人の情熱と努力で作られた10集正規アルバム - 長い間、皆さんの記憶に残す。"

<チョンジン>"シンガーとして、ラッパーとしては本当に多くの努力を傾けました。良い歌、毎日聞いてください~"

<アンディ>"長い間待ってくださっただけに、大きなプレゼントがほしいです。皆さん愛しています!"

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


今日以降、23日まで毎日コンテンツを小出しにするそう。
やーめーてー!!渡韓前でバタバタするのにさらにそんなのが出てきたらほんとに時間がないです…。

20日(火)シナインタビュー、製作過程メイキング公開、エリック、ドンワンのスチールカット公開、アルバムトラックリスト公開
21日(水)振付練習メイキング、ジャケットメイキング映像公開、ミヌ、チョンジンのスチールカット公開
22日(木)ミュージックビデオ メイキング映像 Ⅰ、Ⅱ公開 ヘソン、エンディのスチールカット公開
23日(金)音源公開!!




ところで”神話放送”について、視聴率が悪かったって記事を散見。
(記事自体は今後の可能性について語ってくださっています。)

まあそもそも、最初から高視聴率なんて無理だと思います。
シナはなんたって4年のブランクがあり、今はキラキラ若者アイドル全盛期。
一般人からしたら「シナってまだいたの?」ぐらいの認識に違いない。

それが、地上波でもなく、視聴する韓国人は少ないというケーブルのマイナーな放送局。
昨年までは専門チャンネルしか許可されなかったケーブル局が、ある時突然総合チャンネルになることを許可されるようになったので、このような局は全般的にコンテンツ不足だそう。
だから、有名人の冠を付ける番組を作りやすい環境ではあるらしい。
ただし、そのチャンネルをどの程度の人が見ているかというと、まだまだごく少数なので、番組の入れ替わりも激しいらしい。

だから、ここをまずはの足がかりにして、10集活動で「王の帰還」を一般に認識させ、その派生で”신화방송”に目を向けてもらえるようになり、視聴率アップ。というのが理想の流れではないかと思います。

で、これが成功したら地上波から冠番組のお呼びがかかる、っと
なんてうまいこといくとは思わないけど、失敗しない程度にがんばって欲しいと思います。

ということで記事はこちら。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
"神話の放送"の視聴率最下位、しかし、可能性を見た!

グループ神話が進行する'神話の放送"が、厳しい申告式を払った。 17日初放送された総合編成チャンネルJTBC芸能番組 "神話の放送"は全国視聴率0.336%(AGBニールセンメディアリサーチ基準)を記録した。同時間帯放送されたジョンピョンプログラムTV朝鮮"チェヒョヌノ·ホンチョルのマジックホール"(0.994%)、チャンネルA "その女、その男"(0.978%)、MBN "ニュシ10"(0.543%)に次ぐ最下位の成績である。

視聴率をはともあれ、"神話の放送"は、今後の発展の可能性を見せてくれた。デビュー14年を迎えた神話のメンバーたちはそれぞれの個性を生かして、"神話がやると違うということを見せる"という企画意図をよく反映した評価を受けている。何よりもいつのまにか"中堅"隊列に上った各メンバーが身を惜しまない扮装と"몸개그"(身体を張ったギャグって感じ?)を披露して笑いをプレゼントして新人アイドルのメンバー一色他の芸能番組と差別化した。"神話の放送"は、無限大のチャンネルを持つコンセプト次の神話のメンバーたちが毎週様々な番組を作る過程を示す。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
こっちはちょっと日が経ったけど、신화방송記者会見の記事の翻訳版です。
神話「僕らの手本は日本のグループSMAP」

あと、記者会見の動画がイノライフさんに。
日本語字幕付きですよ!
シン・ヘソン「壊れる姿が恐ろしかった!でも神話と一緒なら・・・」
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

あと、興味深い記事がありました。
このライターさん、絶対にシナペンさんだと思います^^
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
神話ウィーク│20世紀のアイドル神話vs 21世紀アイドル6チーム

神話が初めての年末歌謡授賞式で大賞を握ることができたのは2004年には、なんと7枚のアルバムを発表し、 "ブランドニュー"を歌った時だ。結成14周年、空白の4年ぶりにカムバックする神話に向けられる視線に嬉しさに劣らず期待感が大きいのはそのためだ。悲しい新人時代を経て、王座に向けた飢餓に走った六人の男たちにはまだすべて展開エネルギーが残っている。そして現役の気持ちで意志と情熱を燃やす人々に重要なことは、過去の栄光より、今後の結実である。<10アジア>があと一週間にもわたって帰ってきた神話を多方面に調べることも、過去を思い出すのではなく、これらの未来を応援するためだ。その最初の手順は、今後のアイドルグループと対戦する現役の神話の競争力の分析。世界を舞台に活躍する新鮮な10~20代の青年たちとの対決では神話の手をそっと聞いてくれるしかない理由6つを公開する。同意できない方には、慎重に、高齢者向けのカードを出してみる。

10asia 2PM

獣のような男性ホルモン
ボーイズとアイドルの概念が混在され、 "花美男"はアイドルグループに要求される必須条件となった。しかし、少年と少女の境界があいまいなほどに華奢な体と可愛くて純粋なイメージでデビューして、通常のアイドルとは異なり、2PMは初登場から"彼女の唇はおいしい"と叫ぶ向こう見ずな男の子だった。タンタンさを超えて丈夫なまでの青年たちは、舞台の上で花に例えることが困難な迫力を演出し、その結果、彼らは"獣ドル"という愛称を得るに至った。特に上のを解いて晴れ舞台前に歩いて出てくるオク・テキョンの"チトテクヨン"パフォーマンスはアイドルの肉体を最も露骨に、そして効果的に使った事例として記憶されるに値する。しかし、テストステロン(테스토스테론)を舞台にじっとり打ったことは、どうしても神話が先だ。ヒップホップムードの末尾にデビューした神話が初めてのアルバムで、大きな成果をおさめることができなかったのは、もしかしたら流行に合わせて受けざるを得なかった大きな衣装からだったかもしれない。2集、 "TOP"でカムバック当時の神話は、体にフィットするチャイナネックのを着て、より男性的なボディーラインを誇示した3集の"only one"に至っては肉体派アイドルのシチョイン前進とその間バルクアップ貢献したキム·ドンワンが筋肉双頭馬車で活躍して舞台のスペクタクルを導いた。4集"hey come on"は、さらに全メンバーがシースルーの上着を着て、男性的なセクシーさを前面に立てることもした。このような神話の体の歴史は2007年KBS "歌謡大祭典"で豪雨に近い水を迎え出す伝説のウォーターショーで頂点を迎えた。2PMも2009年Mnet "20's choice"の舞台でウォーターショーの経験したので、固体物理に触発されとは世代を問わず似たように見える。

10asia TEENTOP
恥ずかしい衣装不足している
アイドルとファンの関係は、一種の恋愛と似ていることなので、 "ミルダン"(밀당)の大切さを欠かせない。ファンはとてもベールに包まれているアイドルには距離感を感じるが、過度に多くの情報を提供しているアイドルには一方的に嫌気を感じるはずだ。しかし、ティンタプ"香水を付けないで"でカムバックした当時の失踪コンセプトのティーザー写真を使用して駆け引きのバランスを破格的に振ってしまった。きちんとした服装は、上着と違って下着だけ着てボトムスは美学の次元を越えてファンたちの好奇心を刺激し、これに加えて、ハイヒールを小物に活用したセンスは、意図が分からなくてもっとファン層を混乱に陥れた。舞台では、特別な露出がなかったが、このティーザー写真は、新たなステージへの待つということを刺激するという点では成果を収めたわけだ。しかし、ファン層を当惑させることは、2001年に発刊された神話のヌード写真集"ワイルド神話"に比べるもんじゃない。マニラのビーチで撮影されたこの写真集ではメンバーたちの脱衣はもちろん、側面と背面の完全なヌードを公開してモグルリ(모글리)からターザンに成長したはっきりとした男性美を表わした。しかし、シン·ヘソンの写真はほとんどキム·ドンワンの演出よりも少ない露出に調整されており、4集活動当時のせいでアンディが抜けているだけでなく、最終的にこれが"何に使うもの"なのか知
ることができなかった多くのファンは戸惑いな表情で絶賛される混乱の双曲線を経験しなければならなかった。
結局、限定販売された1万5千部は、短時間で完売となり、神話は駆け引きを超えてファンを振ってしまうアイドルとなり、全国にはお母さんが本棚を検査するか不安な弟の心境を理解する1万5千人の少女あるいはその気になれ少女が量産された。

10asia BEAST
カリスマメイクアップ
だけで歌を歌うことにとどまらず、舞台上のコンセプトを消化し ​​なければならないという点でアイドルには最小限の演技力が必要である。しかし、表情と動作だけで到達するにはあまりにも乖離が大きいコンセプトを与えたとき、メイクは最も緊要なことである。気さくで無邪気な顔のビーストが舞台の上でカリスマを発揮するために、アイラインの助けを受けるように。特に年齢より幼く見えるうえに可愛さが先に目つきのある光にアイラインはいつもの姿で最大限離れることができる舞台衣装も同じであるだろう。神話の中で最も構造の影響を受けたメンバーは断然キム·ドンワンです。デビュー当時端正美少年に近かった彼は、2集アルバムの後続曲"yo!(悪童レポート) "の舞台で歌舞伎化粧に次ぐ衝撃的なメイクアップを披露して、イメージ変身を始めた。ヒップホップ、ニュージャックスウィング、R&Bなど黒人音楽を基盤としたアイドル、音楽を主にプロデューシングしながらも、一方ではビジュアルロックへの憧れを絶えず表明していたイ·スマン プロデューサーの好みが十分に発揮されたこのコンセプトは、実にKISSのジーン・シモンズを連想させるする姿だった。それだけでなく、この曲のミュージックビデオは、不良学生イ·ミヌと野球部員エリックを登場させて学園暴力物を彷彿とさせるドラマを見せてくれるのに、地上波では放送が禁止されほどのものであった。さらに最後の場面でイ·ミヌは、血と傷でまぜこぜになった扮装を見せた。しかし、抜本的なコンセプトとロック的なサウンドを一般的に認知させた時点で感情と希望のメッセージを配信するHOTとは異なり、共感レベルでの感情移入が鮮明に表れるこの歌を起点に、神話は亜流という評価から解放された。

10asia Super Junior
大笑い芸能感
アイドルグループは、音楽と舞台、そしてテレビを共にしながら全方位的に平均以上の能力を披露するときに、真の成功を収めることができる複合的なプロジェクトだ。そして練習で制御可能なステージとは異なり、放送でアイドルの能力は、個人の役割であるしかない。スーパージュニアは、まさにその個人の裁量に支えられ、舞台でのチャンスを得た特別なケースでは、 "SORRY、SORRY"がメガヒットを記録するまで、これらの放送で活躍することができた最大の理由は、それぞれの芸能感のおかげだった。イトゥクとウニョク、シンドンを筆頭に、ラジオやケーブル、地上波を行き来して活躍してきスーパージュニアは、MBCエブリワン"アイドル軍団の浮かんだ!彼女>とSBS <日曜日が良い> "人体探検隊"を使用してメンバーたちが一緒にいる時に笑いの相乗効果を証明した。そしてメンバーが一緒にトークショーのゲストとして出演する時はいつも一定水準以上の楽しさを保証します。歌の人気は冷めてもグループの認知度だけはいつでも健在している秘訣だ。そのような点で神話は、ほとんどのアイドルたち芸能の教科書のような存在だ。実際に数多くのアイドルたちが神話が出演した芸能番組を見ながら放送を学習し、練習したと告白したほどに、神話は最も自然に愉快さを現わすことを知ってのグループである。KBS <ハッピートゥギャザー> "お盆カラオケ"をはじめとして多数の番組のゲストとして伝説的なシーンを残したのはもちろん、MBC <同居同楽>、SBS <ラブレター>、などのバラエティーでも神話メンバーたちの活躍は目立った。さらに、これらの芸能感覚は、特に娯楽的な形式ではなく、放送でも目立ったが、自動車スタントを学ぶ"ドリブン"は前進の赤ちゃん、新しいに例えているシン·ヘソンの感受性とそのようなシン·ヘソンを虎視眈々と妨害している前進の呼吸をはじめ、神話特有の非晶質ギャグを満喫することができる放送だった。実は二人はチョンン・ピルギョとパク·チュンジェ、本名だけで笑わせることができるBMクラブ所属である。生まれから芸能のフックを飛ばす運命の所有者なのである。

10asia INFINITE
一体"カルグンム"(칼군무)
インフィニットは久々に舞台で満開のアイドルである。数多くのアイドルらが娯楽プログラムで最初に顔を習って逆襲のチャンスを打診すると、インフィニットは良い歌と目を引く演出で、刻印された。特に"BTD"で披露したメッセージの踊りや"俺のにしよう"のキレのある群舞は一気にインフィニットを誠実な実力派グループに成長させた。また、これらの事例は、アイドル飽和市場で、グループの成功の鍵は、舞台にいる基本を思い出すきっかけになった。言ってみれば、インフィニットは神話の最も成功したベンチマークであるわけだ。HOTが華麗な技を使った振り付けで舞台でカリスマを誇って、ジェクスキスが自分のキマンクム跳ぶ筋力を誇示するときに、神話の勝負は、六人の一体であった。リハーサルで全力疾走したせいで本番で力が抜けたと知られているデビュー曲"解決士"から神話はメンバーたちが動作を一致させて作り出すスペクタクルに注目した。"TOP"の中で最も印象的な場面は、洗練されたステップではなく、六人がゆっくりと体を下げて同じ角度で体を動かす瞬間であり、"ワイルドアイズ"のハイライトは、導入部のキレのある分節の動作である。スタンディングマイクを使用した"パーフェクトマン"、女性振付チームとの呼吸を最大化した"ブランニュー"に至るまで、 "カルグンム"に関する一分野の最高を実装して出した神話の最も悪名高いの舞台は、"あなたの結婚式"である。イ·ミヌが直接構成を担当したこの曲の振り付けは、テンポを裂き分け動作を分配し、繰り返される間がなく、全国の振付チームに挑戦意識を呼び起こした作品で知られています。ただし、あまりにも難易度が高いせいでメンバーたちでさえ再現が不可能、それこそ伝説の中の振り付けに残っているということが大きな落とし穴だと言えるだろう。

10asia BigBang
ソロとグループの、2匹のウサギ
ビッグバンのすごいところは、グループの成功と同じくらいメンバー各自の達成が証明された事実である。さらに、ビッグバンのコアバージョンに対応するG-DRAGONのサウンドとソウルとR&Bに集中しているテヤンの歌、パフォーマンスの面で全く別のポイントを示してスンリの音楽は競うことなく、それぞれ別のルートを示す。芸能番組で販路を模索したテソンと俳優としての可能性を証明したTOPも、お互いの個性を侵犯していない線で各自の能力を隠さない。そしてビッグバンの驚くべき点は、このように異なる特徴がしっかりしたメンバーたちが最終的には、再度集まって一つの絵に活動が可能なチームワークが大きい。しかし、舞台だけでなく、芸能までのチーム名でこなすには、チームワークだけはどうしても神話が一枚上だ。素敵な町の人とコミカルな人物を行き来するエリックと、誠実で素朴な役割を主に引き受けたキム·ドンワンが演技者で無事に成功している間、アンディは、シットコムで活躍しており、チョンジンは芸能プログラムで可能性を打診した。パフォーマンスに劣らずプロデュースも力を検証受けたイ·ミヌとヴォーカリストとしての神話とは全く違った歩みを見せてくれたシン·ヘソンは、ミュージシャンとしての領域を拡大した。その渦中にメンバーたちは各自の事業を設けて進めると共に、、国防の義務を実行した。ただ、他のスケジュールを消化し ​​て、他のサイズの成果を得たものだけでなく、三十を越えて大人になってしまった男たちがお互いの事を譲歩して生活を犠牲にして再度チームの体を合わせることは明らかに簡単なことではないだろう。それにもかかわらず、神話は、アルバムを準備して、コンサートを用意して、神話の名前で芸能プログラムを開始した。その事実だけでも彼らは新記録を書いていく中で、これは芸能界の厳然たる神話だ。

(copyright 10asia.co.kr さま)
※「転載禁止」と書いてあるので、注意されたらそっこー削除します…。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


そして今日の夜は”승승장구”の後半放送。
明日の夜は、”ラジオスター”の放送。
楽しいけど大変!!
でも皆さん、頑張って応援しましょうね

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chose

Author:chose
SHINHWAさんとヘソンさんについて語ります♪

カレンダー & アーカイブ

アーカイブを検索する場合は表示方法を選択できますよ♪

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2018年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

(2007年9月4日設置)

カテゴリー

ソウルの気温

Click for ソウル特別市, 大韓民国 Forecast

Twitter

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ご訪問頂いた皆さん

free counters

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。