FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続々シナが見えてきた~! <動画追加!>

記者会見以降、リアルタイム(=ライブ)ではないけど続々と動くシナが出てきてます。
否が応でも期待感が高まります

3月8日にはカムバ後初のテレビ出演のため、KBSへ。
「乗勝長駆」という番組。キム・スンウさんが司会です。
来週にはもう放送ということで楽しみです。
この収録は、通常15時から始めて19時には終わるところ、このシナの時はAM1時までかかったそうです。
紹介記事がいくつか出ていましたので、貼っときます。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
神話、"乗勝長駆"全員出演..."14年の涙と汗は、すべてを伝える"

今年でデビュー14周年を迎える最長寿アイドルグループ、神話がデビュー以来初めて単独トークショー外出に出る。
神話は来る13日に放送されるKBS 2TV"乗勝長駆"に出演し、デビュー14年、一度も打ち明けられなかった彼らだけの率直な話を伝える。

メンバー個人がデビュー後各種芸能プログラムに出演したことがありますが、全員で単独のトークショーに出演したのは今回が初めてだ。

この日の放送では、バラエティ番組を占領した、現存する最長寿アイドルらしくしらじらしいトークはもちろん、14年の間守ってきた自分たちの友情と神話にカムバックするまでの紆余曲折が多かった理由が公開される予定だ。

特に神話は、過去4年間の空白期の間、自己の困難な時期送信した理由を告白して、その中に我慢してきた涙を見せ、多くの人々の目を引いたという裏話だ。

この他にもこの日の放送では、彼らの過去から現在まですべてのことを知っている知人が "サプライズゲスト"として電撃出演し、神話のすべてを打ち明けことが知られて大きな関心を集めている。

14年という歳月の間培ってきた神話の友情と愛は来る13日夜11時15分放送される"乗勝長駆"で見ることができる。

----------------------------------------------------------------------

神話 "乗勝長駆" 10時間録画 "目が腫れるほど泣いていた"

神話が最近"常勝疾走"に出演して薪10時間を越える撮影を進行した。

ある放送関係者は9日、毎日経済スタートゥデイに"今回の​​神話の特集では、さまざまな話が盛り込まれただけに、録画時間も普段の2倍以上がかかった"とし、 "午後3時頃から始めた録画が午前1時になってようやく終わった。午後7ば終わるのが普通なのに神話編は特に長い時間がかかった "と明らかにした。

この関係者は引き続き "この日神話メンバーたちは、これまで一緒にしながら、幸せなことはもちろん、メンバー間の誤解で大変だった心境まで打ち明けた"とし "特にアンディ関連の話をしている間メンバーらが最も多くの涙を流した。過去誤解で受けた傷がようやく傷のようだった。見る人もジーンとした"と伝えた。

これとともに、"目がプンプンとはれた顔で、これらは最後まで真面目に参加した"とし、 "和気あいあいとした雰囲気の中でメンバー間の深い愛情を感じることができる。今回の"シンファピョン"は特に期待しても良さそうだ"と付け加えた。

[毎日経済スタートゥデイハンヒョンジョン記者kiki2022@mk.co.kr]

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


んで以下は、昨日怒涛のごとく出てきた(または見つけた)映像類です。

記者会見の模様 in Mnet
フルビデオです。残念ながら字幕無しです。
英語の字幕はあるのに「あんたの国からは見せてやんね~よ~だ」っていう文字が出てきて見せてもらえません。
なんでだろう…。

【12/03/10 KBS 芸能街中継】
これは近日中にKBsWorldで字幕放送が見れますね
어린왕자(星の王子)とまだ堂々と言えるヘソンさん、サランヘ(笑)
これは衣装から見てどう見ても3月8日、「乗勝長駆」の収録でKBSに行った時に撮ったんですね。

20120310 芸能街中継


【신화방송(神話放送)】予告 Trailer
ヘソンさんがあんまり出てないのってどーなの…?

20120310 신화방송 予告


【12/03/10 JTBC 연예특종(芸能スクープ)】
楽しそうですね~、とにかく^^
で、ヘソンさんが記者会見の時と同様、挙動不審なのが多少心配です
これ、超緊張しまくりですよね?
ヘソンさん、よく考えたら彼だけはずっと活動をしていたけどソロ活動の特に後半はテレビカメラの前に一切立っていなかった。そのせいか、テレビカメラにまだ慣れてないんじゃないかと思いました。
ジニに攻撃されるがままのシーンとか、これたまたまこの部分だけ抜き取ったからそう見えると思いたいけど、とりあえずここだけ見ると動作がのろ過ぎというか
徐々に感覚を戻して行って、2004年の頃みたいに弾けて欲しいところです。
(と、カメラ前に立つことに慣れてないって決めつけてますけど^^;)
あ、他メンは人見知りしないから、兵役のブランクがあっても関係ないよね^^


これとか、どうしたかったんだろう、ほんとに…。
ほぼ微動だにしないドンワンと、とにかくこの左の二人が気になってしょうがないです…。
20120310 JTBC


いやでもほんとに、ここ数年は「ファン」の前にしか出てないから、Publicってことを意識してビビってる風のヘソンさんが軽く心配です。
記者会見でポロっと「今これ、200ヶ国に放送されてるんだよ?」と言ったとか。
「大丈夫。何カ国だろうがシナペンしか見てないからっ!」って言ってあげたかった感じ
だって、ペンの前だとあんなに客転がし術を覚えたヘソンさんだもん。
シナコンの時は普通のいつものヘソンさんで出てきてくれると思うんです。てかそう信じたい
ということでこの人、どんだけ小心者なんだとちょっと心配になった週末。
でもヘソンさんだから大丈夫と信じてます。

혜성 파이팅!!!!!


あとオマケでこんな記事が。
記者会見時の衣装について触れています。

神話のカムバック、横のラインまでエッジなファッションを披露

第1世代アイドル神話が14周年記念カムバック記者会見を開いた。

かれらは3月5日清淡CGVで開かれた記者会見で、シックな黒のファッションを披露した。神話のメンバーたちは、同じブラックカラーの衣装を着たが、それぞれの個性を表現するアイテムを選んだ。また、側面のラインを生かすために洗練されたシューズまで気を使ったことがわかりました。

エンディは、スリムなスーツに先のとがった靴をマッチし、ドンワンは、ダブルボタンジャケットにハイトップシューズを履いて、比較的カジュアルなスタイルを演出した。ミヌはもっと基本的なスキニージーンズに靴をはき、黒のジャケットのVネックTシャツを着てセクシーなムードを出した。

ヘソンとエリックは、清潔なスーツを着ていたが、ヘソンが着用した独特のパターンのタイが目を引く。チョンジンは、他のメンバーたちと違いロングコートを着て、歳月が面目を失うほどにカリスマある姿を披露した。




今朝Twitterで見つけた動画です。
ystar という局で放送されたらしい番組で、5日の記者会見の模様を別視線で解説しているものです。
見てるだけでも超爆笑だったので、ヘソンさんメインで軽くピックアップして解説を付けてみました。
もちろん私のつたないハングル能力とGoogle翻訳さんの共同作業なので、かなり意訳しているところも多々あります。

【ystar 궁금타 SHINHWA part1】


① 最初の挨拶がバラバラだったことに言及
  昔のようにヘソン チョロム… をピッタシやるのに結局45秒かかった。

② 小ネタ:他の人がしゃべってる間様子
  エリ&ミヌのちょっかい出し合い
  エリがずっと手をこすり合わせてる
  ドンワン、目ヤニ取ったり、口をゆがめてみたり。
  ヘソン、ネクタイがちゃんとなってるか手で確かめたり。
  10分過ぎ
   혜성이 전진에게 뭐라고 합니다.
   궁금타의 축적된 노하우로 입 모양과 몸동작을 보건데
   아마도 "야, 이 안에 뭐 있어?"
   몰라... 하고 같이 들여다보는 것 같습니다.
   뭐... 신화생팬이 숨어 있지는 않을 테니 안심하세요.
(訳)
 ヘソンがチョンジンに何かをしてる、
 多分、”ねえ、この中に何かある?”
 "さあ…" と一緒に覗き込んでいます。
 まあ、シナの私生ファンは隠れてないから安心してください。

③ 拍手について
 11:05
동시에 박수를 치는 듯 보이지만
혜성의 손이 먼저 올라와서 치고 있는 동시에
민우의 손이 올라갔고요.
그다음 습자지 한 장 차이로 동완이 손을 짝짜꿍합니다.
  (訳)
同時に拍手をするように見えますが、
彗星の手が先に上がってきて打っていると同時に、
ミヌの手上がったんです。
それから僅差でドンワンが手をパチパチします。
20120310 ystar

1位前進 - 光の速度での出世道を保証
2等彗星 - 世の中のことを知っている大人
3位ミヌ - 世の中のことを知るのが少し遅い大人
4位東莞 - 世の中のことを知るのがもう少し遅い大人
5位アンディ - 追従する余裕のないまだ末っ子

【ystar 궁금타 SHINHWA part2】


① 1分40秒頃から
  ふざけるドンワン
  水のボトルを逆さまに立てる。ミヌも一緒にふざける。エリも見て笑う。
   ⇒ エンディがたしなめる…。
  さすがシナで一番のオトナ、エンディ

  しかしこのシーン、せっかくの数少ないヘソンさんがしゃべってる時だったってのがもう…。

② 人の耳が気になってしょうがないミヌ。
  でもエリはちゃんと付き合ってあげて、満足させる。お父さんみたい(笑)

③ ずっとマイクを掴んでいるジニ
  4分43秒
  어느 순간부터는 마이크를 아녜 손바닥에 부착해놀은 듯합니다.
  ある瞬間から、マイクを手で弄んでいます。
  他のメンバーがしゃべっている時でもマイクを離しません(笑)

④ みんなやたらと水を飲む
  回数もカウントしてました(笑)

⑤ エンディに「今日は誰が一番かっこいいか?」と聞かれ、メンバーを見渡すと途端に
  自分アピールを始めたジニ、エリ、ミヌ。
  ヘソンさんとドンワンは下を向く(笑)
  こんなところにもお約束の個性が^^

  結局「ドンワンさん」という回答に喜ぶドンワン。
  「では、一番イケてないメンバーは?」との質問が出た途端、真っ先に下を向いて目を反らしたミヌとヘソン。さらにエリも視線が泳ぐ…。
20120310 ystar2
  でもドンワンが「저요」と答えた瞬間、すんごいほっとした雰囲気が漂う(爆)
  ドンワン、意外にちゃんと空気を読んでいるじゃないか(笑)

⑥ 髪が気になってしょうがないヘソンさん
  외모에 관심 많은 혜성은 틈만 나면 외모 관리 중입니다.
  멋은 있으나 시야가 확보되지 않는다는 아이돌 전용 앞머리 관라하랴.
  코에 이물질이 묻지는 않았는지
  입술은 잘 있는지 수시로 안부 물어주고요.
  귀 관리도 빼놓으면 섭섭합니다.
  손톱은 또 어떻고요.
  이젠 하다~하다~ 시계 줄까지 관라하는 혜성입나다.
  꽃미남은 그냥 되는 아닌가 봅니다.
  그리고 마자막 결정적 한방.
  양손 가리고 웃기 신공까지!!
  혜성에게 유독 여자 팬이 많은 이유가 다 있었네요.
  흥미진진하고 다양한 모습을 보여준

  外見に関心が高い彗星は暇さえあれば、身だしなみを気にしてます。
  髪で視界が確保されていないアイドル専用の前髪を気にしないと。
  鼻になんか付いてないか。
  左~左~右~いじるいじる
  唇は大丈夫かと頻繁に確認してる
  耳の管理も怠りません。
  爪もどうかなと。
  しまいにゃ、時計のバンドも気にするヘソンです。
  イケメンはそんな風に確認します。
  そして最後に決定的な一発!
  両手を覆って笑う技まで!!
  ヘソンに特に女性ファンが多い理由がすべてありましたね。





ところで以下は、先週でしたか、シナカムバ特集を組んだオーマイニュースさん。
その記者さんの後日談です。
この方、シナペンさん(だけじゃなかったみたいですけど^^;)だそうで、記者とファンとの間で揺れ動く自分を率直に書いてらっしゃいます。
そしてこれを読んで、リアルタイムにオッパたちを応援していた人たちって差異はあれどこういう感じだったんだろうなと、羨ましく読みました。

そして、同じような体験ができなくて一番無念に思ったのがBrabd New前の話。
つまり SM から出てBrand New でカムバするまでの間というのは、当時を知らない者が想像した以上に危うかったんだなということがわかりました。
ファンだった人自身の言葉だから説得力があります。
彼らにとって苦渋の選択をし、それを当時のファンが受け止めることも、とても大変だったのだろうと想像します。

私がシナに興味を持ったのが2005年末。(ヘソンの2005年ソロ活動でヘソンペンになったのが始まり。)
シナに落ちたその当時、必死にシナ関係のサイト(当時はまだブログも主流ではなかった)を探しまくり、シナの情報をむさぼっていました。
結果、なんか見えたのは、2004年 7 集がとにかく境界線になってるんだなってこと。
日韓両方のサイトを見まくりましたけど、2004年の前も後も同じように運営しているサイトがほとんど無かった。
ほとんどが2003年頃で止まってるか、2004年以降の情報しかないか。

つまりシナってこの2004年で踏ん張れたことが長寿アイドルになり得た要因であり、この時期を乗り越えた今、解散とかそういうレベルの話はあり得ないんだろうなと思った。

だからこそ、エリックが記者会見の冒頭でイ・スマン氏とグッドのパク・グォンヨン氏の名前を出してまで感謝の言葉を述べたのだろう。

芸能事務所が作って世に送り出すアイドルグループって、もちろん最初は本人たちの意思は無視に近いぐらい(間違いなく”多分”)事務所のプランニングにより作られる。
それが年月を経て本人たちも人間、事務所は相変わらず収益を考えないといけない。徐々にズレが生じる。
その時に、昔は事務所側が、元が取れたと思った後にあっさり切るってのが普通だったんだろうと思う。(シナ前後のあれやこれやからの推測。)

そこで諦めなかったこの人たちって、こう考えると今更ながらやっぱすごいと思うし、こういう人たちが揃ったということが奇跡のようだと思う。

先日のカムバ記者会見で、長寿の秘訣は?と聞かれ、「誰も個人活動を優先しなかった。個人活動すべき時期にグループ活動にこだわる人もいなかった。」というようなことを言っていた。
つまりこれって、グループの一員である自分を過大評価するメンバーが誰一人いない、だからと言って「自分はあまり…」と卑下するようなメンバーもいないってことですよね?
こういうことを、誰に教えられるわけでもなく、自分たちでできたということがこの人たちの能力の高さだと思うな~。
もちろん、もしかしたらSuggestionをもらったからできたのかもしれない。
けど、そうだとしても、そういう人の言うことに聞く耳を持てるかどうかというところも個人の資質。

ということを改めて認識させていただけたのが、この記事です。

(もちろん翻訳機頼り、でも部分的には私のわかる範囲で手直ししました。けどもわからなかったところは敢えてハングルのまま、もしくは翻訳機のままにしましたことをご了承ください。)


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
神話が名前を呼んでくれる以前に、私は芸能記者に過ぎなかった
[取材手帳]神話のためにファンとスターの関係を改めて悟る

"その日"は、空を見ても1分300文字を打つことができるという記者の速記術をまだ学んでいないことを呪った。およそ10年ぶりに過去の偶像の実物に対面したところで、モニター画面でしか見られなかったからだ。

デビュー14年目のグループ神話のカムバック記者会見があった去る5日、私は功罪の欲望がぶつかる岐路に座っていた。ファンであり記者であるというアイデンティティで目まぐるしい中で、一応個人的な関心を公的な質問形式で入れることに心の中で合意を見た。 3つの質問と回答を待ったが、エリックの最初の一言が苦労して出した公的な "結果"を得ることができた。

"オーマイニュースオーマイスター企画記事も見ました。"

最近の神話のカムバックに合わせて "オーマイスター>で企画した記事の話だ。結果と一緒に顔の筋肉が弛緩され、ヘボルチュクヘジン表情は、 "クール"にはしていなかった。クールにはできなかった。彼が名前を呼んでくれる前には、私はただ一人の演芸部記者に過ぎなかった。彼が名前を呼んでくれた時、記者は14年前のファン帰った神話カンパニーエリック代表様は、お兄さんになった。


はい、私はファンだった。 "君がプラカード一枚少ない作りであっても..."

告白するに、私の思春期は腕割 "オッパ"が育てた。率直に言って複数のグループ、多数のオッパたちを応援している。これは、思春期を過ぎ経験した "アイドルを回す"だ。最後に、神話を少し長く応援した後、アイドル期から卒業した。

母はそのころ、私がプラカード一枚以下の作っても良い大学に行っただろうと嘆いたりする。 LEDペンライトを振る今のファンにはアナルログな方法かもしれないが、我々は通常、黒の背景に蛍光色の文字を刻んで入れたプラカードを作った。複数の写真を処理してみると、高校を卒業する頃には、看板デザイナーと比べることができるレベルになっていた。

一度は夜間自律学習時間にも友達と一緒に職人技で作業中だった。 "私はオッパのために生きている 'というシンセハンタンヒョン文章中に私は"買う "を担当した。難易度の高いリウル(ㄹ)の屈曲負荷愚痴を言って刃物の使い方をしているうちに担任の先生にかかった私は "買う"と一緒に廊下に召喚された。

"お前、また歌手らによって通う!"はブルホリョンに私は一応 "教会でするんです"とつけ加えた。ときは、クリスマスを控えた12月中旬。 "これは何文字なの?"という鋭い質問が食い込んだ。 "オッパんのためにできない生きて"とどのように話すか、または。

"歳...生きておられる主よ。"

私は "買う"と一緒に教室で生きて帰ってきた。これからもあの日と同じ臨機応変は私の生涯でないと思う。実際に無宗教であった私は当時、発揮された基地は主ではなく、オッパたちに向けたファン心のおかげだった固く信じた。


カミングアウト(?)をする理由

そう20歳になり、オッパを追いかけたとか目の前に手で触れられる人に会うことはよい現実と妥協しながら、アイドル期を脱し始めた。 TVに神話が出ても、過去の遺物を見るように見るような感じになった。さらにペンシムウイ絶頂段階というファンフィクション(ファン+フィクション)を書いたこともありますが、PC通信時代の終了とともに青い画面の中に埋めた。 ( "親友"は、この事実を私悩ますためフクヨクサロ使用したりする)

そんな2004年、7枚目の "ブランドニュー(Brand New)"に帰ってきた神話の姿は忘れられない。オッパではなく、男だった。 "今から三つ数えるよ"という迫力と、まさに "ワンモアタイム"と言いながら、もう一度チャンスを与えるという余地を込めた歌詞は、散らばっていたファン心を集めるに十分だった。もちろん、アイドル時代のように "活動"していなかったが、前のように神話を応援した。

多分これは "カミングアウト"だ。ファンだった時代を回想して記事を書いたのは14年前のときめきを今一度感じさせてくれたこの最長寿グループの力のおかげだ。神話のおかげで、スターのファンという盲目的な愛ではなく、時間が経っても共有できる思い出がある関係という考えを改めてすることになった。

記者という職業を客観的に一時的に閉じ込めておいて、かつてのファンとして言うと、オッパはまだ私たちを "앓게"することができる。誰かは人の人生は、人からとしていなかったか。 "ブランニュー"の時の感動を再び与えることができると期待する。 "하앍"。

そして再び記者に戻って念を押したところ、過去のファン心のために記者倫理綱領に反することはないだろう。ただ自分にできる予定は推測性スキャンダル記事を書いたり、大砲望遠レンズをはめて潜んでいる事もないことだ。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chose

Author:chose
SHINHWAさんとヘソンさんについて語ります♪

カレンダー & アーカイブ

アーカイブを検索する場合は表示方法を選択できますよ♪

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2018年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

(2007年9月4日設置)

カテゴリー

ソウルの気温

Click for ソウル特別市, 大韓民国 Forecast

Twitter

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ご訪問頂いた皆さん

free counters

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。