FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年5月16日 SHINHWA 台湾コンに行ってきました

テレビ活動が終わってアジアツアー突入ということで。
行くとしたらいつも大陸は避けて他の地域に行きますが、たいがいそれは台湾。
ということで今年も行ってきました。

とはいえ、今年の「アジアツアー」ってなんだか「中華ツアー」と化していて、日本に来るんだか来ないんだか、どうなんでしょうね…。

台湾の会場は、3年前にVenusで4年ぶりにカムバした年と同じ南港展覧館という、要は大規模展示場。
東京ビッグサイトや幕張メッセのような展示場の一角です。
座席を設けたエリアをでっかいカーテンみたいなので仕切っているだけなので、音が拡散してしまって音響は期待できません。
ただ、3年前と違ってちゃんとバンドさんが来ていたので多少ましだったかな。
3年前の時はバンドさんを連れてきてなくて音はCD音源だったので、正直コンサートはイマイチだった記憶があります。
印象的にはあれよりはかなりましな今回のコンサートでした。


2015年5月16日(土)。天気は晴れ。蒸し暑い。
そうそう、他メンは前日に台湾入りしたのにヘソンさんは来ていない。
ならば、どうせ暇だし、ということで午前中空港へお出迎えに行ってみた。
ヘソンさん一人のせいか、ロビーは今から「人気」芸能人がやってくるとは思えないぐらいふつーの感じ。
昔、ヘソンさんソロコンやペンミでもお出迎えに行ったことがありますが、その時はオレンジの風船やらいろんなデコレーションでロビーが大変なことになっていたけれど、今回はそういうの一切なし。
台湾ペンよろぶんは当時とは入れ替わっちゃったのかなぁ?
あの頃に比べるととても少ない人数でお出迎え完了でした。


で、夜です。
コンサート本番です。
何度も言いますが南港展示館。
普段は多分、だだっ広い単なる展示会場。
そこを仕切っただけの会場。
音響面だけで言うと、2013年のThis Loveの年のコンサート会場だった南港101の方が良いと思います。
でもあそこは若干キャパが小さい。結局シナのああいうバーーーン!ていうコンサートをやるには小さいハコでしたね。
だからしょうがないのかな。


コンサートは19時半開演のところ、確か10分ほど遅れての開演でした。
例年通り、3月のアニバコンを、基本的には同じ演目だけど国内向けの演出を省いてる感じ。
プラス、3月コンに対して少し省いてましたね。

で、正直なところ、良くも悪くもとても淡々とコンサートは始まって終了しました。
正直、コンサートとしては特に特筆することがなくて困ってます。
あ、3月のソウルコンを見た者としての感じ方です。

なんだろう。そういう意味では兵役が終わってカムバして以降のシナって安定してるんですよね。
兵役前までのシナをご存知の方はわかると思うんですが、あの人たちのアップダウンは半端無くて、「リハーサルかよ!」的なステージを見せられて終わりということもあれば、シナの歴史の中でこれが最高だった!と思わせるステージまで、アップダウンの激しさがある意味シナらしさを醸し出していました。
(ダウンの日だけしか見に行けなかった人にとってはたまったもんじゃありませんでしたが…)

それが兵役を終えてからのカムバ以降の彼らは、なんだか平均点を維持する優等生になっているんです。
そんな印象を持っています。
いや。めったにコンサートを見に行けない人にとってはそのめったにない日が「リハーサルかよ!」の日にあたったらもう、目も当てられません。
そのせいでシナペン止めます!と言ってしまう人もいるぐらいのクオリティだったりしてたから、「ねえ、あんたたちわかってる?」と言いたくなったことも多々ありました。

でも兵役後カムバ以降は全体的に優等生なんですよね。
兵役に行って、現実を体験し、意識が変わったのかもしれません。
兵役があろうがなかろうが、30代に突入して、いろんな感情は抑えて大人にならないといけないと思ったのかもしれません。

何があったのか、どんな心境の変化があったのか、私たちには知る由もありません。
でも、常に平均点以上の出し物を出せるようになったことは、見る者にとっては大変すばらしくありがたいことだと思います。

しかし。
今回の台北公演は、全体的な印象としては、安定の平均点に収めたような感じで、びっくりさせてくれるような驚きは皆無の、良くも悪くも安定の公演内容だったわけです。
安定しすぎていて、多少面白みが少なかったんですよ、ぶっちゃけ。

兵役後の活動って、サイクルが固定しつつあるでしょ?
3月コン → 韓国でテレビ活動 → アジアツアー

なんかね。マンネリ化してね?と思う昨今なんです。
ツイッターでもリンクで紹介しましたが、歌手として収益を上げるにはコンサートをして、かつグッズを売る、ことが大事。
だからコンサートツアーをすることは大事なのは理解できるので、それをきっちりとやってくれたならばいくらでも応援する。
なんだけど、ちゃんと年間計画立ててやってる?と突っ込みたくなる今の見えている状況ってどーなの?と思ったり。


あーなんか愚痴ばっかになったのでこれはもう一旦止めますw


そんな感じで、台北公演は超無難に終わったわけです。
コンサートのクオリティ的には中の中ぐらいだったのかなーなんて思ってます。
というか、ヘソンさん、マジでもういいかげんタンベ止めれ!と思ったのが、非喫煙者のドンワンさんとの比較。
彼は煙草吸わないこともあるけど、コンスタントに仕事を入れて常に声を出していることもあるせいか、本当によく声が出てる。音が伸びる。
今回も、「おおおーーー!」と思わず感嘆の声を上げた個所がいくつかあった。
それに比較してヘソンさんは、とても残念なことに、「そこ、若い時はもっと声を伸ばしてたよね!」と突っ込みたくなった箇所がいくつか…。

こんな風に、ライブを見ることで良くも悪くも現状を目の当たりに見れるのが、がんばって海外コンに行くメリットの一つではありますが、そこで目にしたマイナスが、次に見た時にプラスになっててほしいと思うわけです。

なので私の思いはただ一つ。


ヘソン、タンベ止めれ



なーんて、台湾コンレポのつもりが、ただのだらだら感想というかツッコミになってしまいました(>_<)
えっと、台湾コンのセットリストは上海と同じでした。

01. T.O.P
02. Perfect Man
03. マネキン
メント
04. On the Road
05. Hurts
06. 아는 남자
〈ビデオ〉12集活動
07. White Shirts
08. Don't cry
〈メント〉
09. I'm In Love
10. I pray 4 U
〈ビデオ〉「MEMORY」制作現場w(前編)
11. Alright
12. This Love
〈メント〉
13. Give It 2 Me
14. Jam #1
15. Venus
〈ビデオ〉「MEMORY」制作現場w(前編)
16. 표적
17. Hey Come On
18. Brand New
〈メント〉
19. MEMORY
20. Once in a lifetime
〈アンコール〉
21. ウシャウシャ
22. YO


しかし、コンサートをやってくれただけよかったですよ、台湾の皆さん。
そもそも日本コンはあるのか?
私たちイルペンはそこが今一番の関心ごとかと。

やらない(or やれない)を、できればもう早めに宣言してくれた方がすっきりします。
だって、その後の予定を立てやすいもんね。

さて、どうなんでしょうか…。



コメントの投稿

非公開コメント

2回目のコメントです

台湾お疲れさまでした。結構海外ツアー行ってらっしゃるみたいで憧れちゃいます。

やはり生で聞くと声量の違いなども分かってしまうものなのですね。あたしがヘソンさんの動画で一番好きなのは金髪?白髪?のときのソロのコンサートで중심を歌ってる映像なのですが。あの歌声がとても好きなのです。あの頃は発声は良かったですか?

ソロの曲はそれしかしらないのですが、その動画だけは何度も見ました。動きもかわいくて(笑)そのときのコンサートも見に行ってらっしゃったんですよね、素敵です!

空港のお出迎えなんて羨ましい限りです。やはり実物のヘソンさんはすごいですか?あたしにはどうしても人間離れしてるようにしか思えないのです。ルックスと言いますかスタイル的なものが。写真で見ても他の人とは全然違って見えるのです。

申し訳ありません、このようなミーハーなコメントをしてしまいまして(^-^;

なおさん、こんにちは。

そうですね。生だとストレートに耳に来るので差がとてもわかりやすいです。
でもそもそも、ヘソンさんは数年前から「音が伸ばせなくなってるなー」と思ってます。
Brand Newのサビのところ、2004年の活動期では「じゃすわんねばれっちゅごー」の後に
シャウト的に伸ばしてましたが今はやらないですよね。
ああいう小さいことがちょっと残念でなりません。

중심は私も大好きです。あのお尻プリンがたまりません(笑)
ソロでダンス曲って珍しいので特に好きです。
あの曲を出すまでヘソンソロ=バラードというのが定着していましたが、あの曲はチャレンジでしたね。
当時(確か2007年夏)、Mcountdown Japanというのが開催されて、その時に初めて
중심をお披露目したのですが、중심が始まる前にステージが暗転してダンサーさんが
スタンバイを始めたので客席がざわつきました。
「ヘソン、踊るの?え?まさか…」みたいな感じで (笑)
まさか踊ったので衝撃でしたね(^_^.)

実物のヘソンさんは、画面で見るのと同じくほっそくて背が高くて、手足が長くて、とても
この世のものとは思えないですよ。
いつか生ヘソンさんに会えるといいですねv-351

プロフィール

chose

Author:chose
SHINHWAさんとヘソンさんについて語ります♪

カレンダー & アーカイブ

アーカイブを検索する場合は表示方法を選択できますよ♪

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

(2007年9月4日設置)

カテゴリー

ソウルの気温

Click for ソウル特別市, 大韓民国 Forecast

Twitter

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ご訪問頂いた皆さん

free counters

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。