FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘソンさんソロデビュー10周年に寄せて

完全放置状態のこのブログですが、そういえば10年なのね。ということで、連休だし時間があるのでちょっと戻ってきてみました。

2005年5月6日には私はまだシン・ヘソンという人は知りませんでした。
この頃は韓ドラにはまっていた頃で、ドラマばかり見ていました。
ただ、ドラマを見つつ、主題歌や挿入歌に良い歌がたくさんあるなーと思って、音楽も同時にチェックし始めた頃でした。
シン・ヘソンさんという人を認識したのはその年の6月頃だったと思います。
当時も数週間遅れでケーブルテレビで歌番組が流れていたのかな?そんな番組で、突っ立って歌う、声がとても心に響く、ビジュアルも好みの男子が気になりました。
ネットでCDを探したら「五月の戀」なるアルバムがあったので買いました。この時はすでに初版(と言っていいのか?)が無くて、Special Editionでした。
(後から考えたらVCDとか付いてるし、こっちでちょうどよかったかも。)

この頃は、何人かこの頃に気に入った歌手の一人に過ぎませんでした。
既に前のめっていたら間違いなく見に行っていたであろう、レインボーコンサートとか、ヘソンさんが出るとか意識が無く、行くかどうか迷って止めてしまったという、一生後悔する決断をしてたとかもう…。

http://www.geocities.co.jp/MusicStar/9363/shinhwanews2005.htm
しかし、このサイトさんの情報を頼ると、Special Editonは8月発売とか。
もう、日にちについてはちょっとあいまいですね(^_^;)


そう、2005年て、2004年のBrand New景気(笑)の直後の時期で、SHINHWAとしての活動が無く、後のシナメンのインタビューから想像するに、ようやくトップを取ってシナとしての脱力感満載の時期だったのかもしれません。
よく考えたら、よくこんな時期にフルアルバム、それも自身初のものを出せたなーという気がしなくもありません。
とは言え、当時の先輩ペンさんの話を総合すると、何年も前からソロアルバムを出すと言いながら、なかなか出なかったそうなのでようやく準備が整った、ということかもしれませんが。

と、2005年の年末頃までは、それほど熱狂するでもなく過ごしていたところ。今のMAMA、当時はMKMFと言っていたMnetの大賞番組の季節がやってきました。当時はまだMnet Japanが無くて、M-onが放送してくれてました。
2005年授賞式を前に、2004年のものを再放送していたので見ていました。しかしその時点で私は実は、まだSHINHWAさんって認識の中に無く、当時はRainさん目的で見ていました。
番組終了後、Brand NewのMVが流れ始めました。「ふ~ん」なんて思いながら見てたらヘソンさんが出てきました。
「そっか!この子は本来踊る子なのか!」とそのMVに釘付けになり、「じゃすわんねばれっちゅごーーー!」でどっかーーん!来ました(笑)
「これはDVDとか買ってちゃんと見たい人たちだ!」とあわててネットを漁り、その頃の最新DVDだったBrand New Storyを注文。到着したその日は金曜日だったこともあり、この変な人たちの動く姿にあっけにとられ、気付けば夜明け。
この時から今までシナ無しじゃ生きられないぐらいの生きがいになりました 笑

突っ立って歌ってるだけだったヘソンさんしか知らなかったらこんなにハマることもなかったと思うけど、へっぴり腰で踊るヘソンさんとのギャップがもう、完全に私の心をわしづかみにしました。
あれでダンスが上手だったらここまで好きにならなかったかも 笑

こんな経緯なので私はヘソンペンであり、シナペンです。
カップルに興味がないのはこんな理由です。
(とは言え、ヘソンさんを見上げるミヌ氏には萌えます 笑)

2005年から10年間。
ずっとソロ活をコンスタントに続けてるわけじゃないし、特に最近「ソロ活やる気ある?」ぐらいの感じですが。
これまで彼のソロ活はまったくもってやらされてる感が無く、マーケット受けを意識することも全くなく、その都度自分がやりたい音楽をやっているので、あの韓国の音楽業界において彼は本当に幸せ者だと思うし、そんな彼の歌を愛でることができる私たちも本当に幸せだと思います。

そんな活動の中ではこんなのもありました(^^)

これはリアルタイムで見たような気が。
これの流れでSMAPコンにも1日だけ出たりとかしたし。
SMAPさんとコラボなんて、今考えるとすごいね^^

ところで彼の最初のソロ活は、当時の彼自身がこだわっていたバラード尽くし。
2集以降はVink氏やMateのイム・ホンイル氏との出会いで都度、新しいジャンルに挑戦してきたヘソンさん。
次はどんなことに挑戦するのか、楽しみでなりません。

でも…。
ちゃんと準備してるのか、若干心配…。

ヘソンさんの歌声を聴けばどんなに嫌なことも忘れられるし、心が癒されます。
今後、どんなペースでソロ活動をしていくのかまったくわからないけど、末永くその歌声を維持して、ハイペースじゃなくていいので私たちに歌を聴かせて続けてくれたらと思います。






だからいいかげんたんべ止めれ…。


コメントの投稿

非公開コメント

初めまして

Twitterいつも拝見させていただいてます。私はTwitterやってないので一方的に見てるだけです、すみません(;´д`)

にわかファンの私がコメントするのも図々しいと思ったのですが…でもヘソンさんへの愛が素敵すぎて!いつも羨ましいなと思っていたのです。

ヘソンさん好きですが、曲とかあまり知らないのです。でも彼の歌声が心に頭に突き刺さっています。最高です。あまり知らないですが(^-^;

あたしがヘソンさんを知ったのはThis LoveのMVです。ダンスも歌も素晴らしいです。すごい衝撃を受けました。

今回のブログもヘソンさんへの愛がいっぱいですね!一方的にお邪魔して申し訳ない気持ちもありますが、毎日Twitter楽しみにしています。

あまりにも

久し振りなのでコメント文を打つ指も震えています(笑)

私がシナにはまったのが彼らがグループ活動を完全に休止した2008年5月頃ですから
2012年のカムバックまでを主にへ様のソロ活とともに過ごしたような気がします。
2008年ペンミ小さなお部屋でLove Actually(たぶん)を歌いながら登場した
初生へ様にどんなに感動したことか。
その年のコンサートを皮切りに毎年のようにライブに駆けつけた私。
ミヌペンちんぐに「へそぺんじゃん!」と陰口を言われ(爆)ながらもへ様の魔性の声に酔い痴れていました。
へ様がバラードの王子の冠をはずして、ジャンルを超えたチャレンジを始めたときは
この天性の歌い手の底知れぬ能力に胸がときめいたものです。

シナがカムバックしてから、へ様はシナのシン・ヘソンに
すっかり落ち着いているように見えます。
あれこれスポーツに興じたりとプライベートも活動的です。
シナカムバック以来へ様は楽しい日々を送っているのだろうなと思います。
あんなに一人で頑張っていたから、今はシナに満たされながら
天使の休息を取っているのでしょうね。
一休みしたらまた新しいへ様を見せて欲しいです。

てか見せないとあかんでしょ。

同じく久しぶりすぎてHNも忘れてしまいそうでした。
私もドラマからでOSTを集めておりました←押入れに眠っております。
私は声からです。
ショーケースの映像は友達から送ってもらい正座して見た記憶があります。
お約束のベンミも無くなり多少イラッとしていましたが
彼が元気で歌い続けてくれてたら良しとします。

今年はアルバム発売してくれるでしょうか・・・。
ソロコンもお願いしたいです。
その前にアジアツアーでしょうが。

いつもchoseさんのツイから情報得ています。
ありがとうございます。



なおさん、こんにちは。

コメントをありがとうございます。
ぜんぜん図々しいとかないですよー。
どなたからだろうが、コメントを頂けるととてもうれしいです(^^)

This Loveからのペンさんだなんて、うれしいですね~。
ヘソンさんも大喜びだと思います。

> ヘソンさん好きですが、曲とかあまり知らないのです。
時間がある時に少しずつ、彼の10年の痕跡を辿ってみてください。
たった10年だけど、彼の成長っぷりが分かると思います。
シナのヘソンさんとソロ歌手ヘソンさんはまったくタイプが違うので、比べると本当に楽しいと思います(^^)

ヘソンペンのぐるぐるさん(笑)、お久しぶりでございます。

なんかね。10年っていうと節目だなーと思って書いてみました。
しばらく文章を書かないでいたので、私もタイプする手が震えました。 ← うそです(笑)

しかしいいことに気づかせていただきました。
> シナがカムバックしてから、へ様はシナのシン・ヘソンに
> すっかり落ち着いているように見えます。

いやほんとそうですよね。
思い返すと、ソロ活が一番活発だったのはシナ活ができなかったあの数年間ですよ。
彼は2つ以上のことを並行してできないのかな?
シナがこのペースで活動を続ける限り、ヘソンさんのソロ活は無いんじゃないかという不安が頭をよぎりました…。


うーちゃん、見てくださってましたか!
ありがとうございます(^^)

最近はペンミどころかFC自体、動いてないですもんねぇ。
てか、ヘソンさん自体、ソロ活がさっぱりですもんね(>_<)

いい加減、ソロ歌手シン・ヘソンの新しい姿を見たいものですが、過剰な期待はせずに待とうと思います(^_^;)

プロフィール

chose

Author:chose
SHINHWAさんとヘソンさんについて語ります♪

カレンダー & アーカイブ

アーカイブを検索する場合は表示方法を選択できますよ♪

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2018年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

(2007年9月4日設置)

カテゴリー

ソウルの気温

Click for ソウル特別市, 大韓民国 Forecast

Twitter

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ご訪問頂いた皆さん

free counters

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。