FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHINHWA 15th Concert に行ってきました

こちらのブログはもはや、レポ用となってしまいました。
すみませんm(__)m

ということで、コンサートレポなんぞ

今回の15周年コンサート。15周年なんですよね。15。つまり数字的にきりが良い15。
忘れてました。
今回のコンサートのコンセプトを聞いて、「なんでもう後ろを振り返るのかしら?」と思ってました。
昨年4年ぶりにカムバして、「おっさんたち、まだまだいけるじぇ!」をアピールし、これからもどんどん前を向いて突っ走っていくものだと思ったのに、どうして後ろを振り向くのか、とても不思議に思っていました。
そのせいか、今回のコンサートはあまり期待することができませんでした。

しかし、実際に見たコンサートはそんな私にカツを入れてくれた、そして大きく期待を外して予想外の素晴らしいステージを見せてくれた彼らに改めて惚れました

私がシナを好きな理由。シナから離れられない理由とは。
いつも私をびっくりさせてくれることなのかなと。
今回のこのステージングと言い、金髪といい(笑)
この人たちの底力、人を惹きつける力、そのステージセンスの良さには本当に今でも毎回びっくりさせられます。
そして、この人たちについてきて本当によかったと、心から思っています。


今回のコンサートは、昨年の4年ぶりコンという状況から来る極度の緊張感は無い代わりに、とてもリラックスした感じで、肩の力が抜けていました。
これは彼らもペンも両方かと思います。
そして今の彼らは兵役前と違い、彼ら自身の精神状態にも余裕があるのだろうと思います。
これが良い方向に作用した今回のコンサートだったと思います。
プラス、この一年間、しなばんそんを通じて6人でコンスタントに活動し、経験を重ねたことも、とても良い効果が表れているのではないかと思いました。

昨年は、もちろんお互いを知り尽くしている仲ではあるけど、久しぶりに集合して多少ぎこちなさが残っていたとしたら、今年はこの一年の積み重ねによって、完全に心が一つにまとまっていたのではないかと。
その一つの顕著なエピソードが、今回のコンサートでヘソンさんが花道ど真ん中でドンワンにマイクを持たせておもむろにしゃがんで靴紐を結ぶという行動だったのではないかとw
(へぎょるさの時、2名ずつ左右中央に分かれて立っていた。ヘソンとドンワンがペア。彼らは中央。ヘソン、しばらく自分たちのパートは来ないってんで急にドンワンを突っついてマイクを渡そうとする。キョドりながらドンワンマイク受け取る。ヘソン、おもむろにしゃがんで靴紐を結びなおすw)

そして、兵役前と明らかに違う彼らの心持ち。
その昔のシナコンはほぼ毎回、初日はリハーサル、最終日のみ本番、というようなステージだった。
でも今は違う。
初日から全力で客を喜ばせることに徹することができている。
本当に、お客のことを考えてステージングを企画していることがものすごく伝わってきた。
リハーサル写真がメディアに公開された時、いくつもの記事で「熱意と誠意」が伝わる、と書いていて、あの時は「は?」と思った。
けども、コンサートでは彼らの「熱意と誠意」を十分に受け取ることができた。
そして、ペンに甘えて「ダメなことがあってもごめんね」的なことは全く言わなくなった。

とにかく彼らは花道を十分に使って走り回っていた。
立ち位置が決まるスローな曲の時やメントの時は、全体を通して必ず各メンが左右どちらにも立つようになってた。
(スタンディングエリアにいた時、メンバーのカンペ用モニターが丸見えで、いつ誰がどの位置に立つというのが決まっているってのがわかったのです^^;)

また、今回はとにかくメインステージにいることが少なかった。とにかく前へ前へと。
これは多分、昨年の反省があるのだろうと思った。
ぶっちゃけ昨年はVIP가나다라区域で見たのだが、「どこがVIPやねん!」と思うほど花道前方に来てくれず、かえって多少料金の低いスタンド席に向かってゴンドラに乗ってアピールするという、座席格差がひどかった。
そのクレームが具体的にあったのだろうか。
今回のVIP가나다라区域は、フロアが底上げしてあり、花道先端に非常に頻繁に出て行っていた。
細かいことを言い出すと、どの席でも不満を出そうと思えば出せるのだが、彼らが配慮してくれていることが見えたことで帳消しである^^;

話は逸れるが、私たち客側の座席やスタンディングの立ち位置の善し悪しは、周囲の人にも左右される。
周囲に傍若無人な人がいると、どんなに良い席や場所でも残念な印象しか残らない。
今回、一日はスタンディングエリアだったけど、あまり嫌な思いはしなかった。
でも、別の日にその同じエリアにいたというお友達によると、その日は殺伐だったと…。
スタンディングエリアは特に殺伐率が高かったらしい。
あちこちで小競り合いがあったと後からいろいろ聞いた。
見たいのはみんな同じなんだから、みんなが譲り合ったり協力しあえば争いなんて起きないだろうにねぇ…。

それから。
全体的にメントの際に、バカみたいなことをするのはいつも通りなんだけど、なんだろう、これも若い時とちょっと雰囲気が違った。
これも良くも悪くも、重ねた年齢と経験なのかなと。
エリックがメントの時に言ったそうです。(私には聞き取り不能、韓国ちんぐちゃんに教えてもらいました。)
「以前は歌手をやるためにSHINHWAをやってた。今はSHINHWAを維持するために歌手をやってる。」と。
(詳細は違ってるかもですが、ニュアンスはこんな感じ。)
これがすべてを物語っているのかなと。
今、彼らは自分たちで自分たちをプロデュースして維持していかなければならない。それもゴールのない徒競走のようなもの。
コンサートのメントでそういうことを言うのはどうかという意見があってもおかしくないかもしれないけど、彼らの中でも代表という立場で一番心労が激しいであろう彼のこの本音と思える発言は重い。
しかし、そんな彼の、そしてメン全員の心情がとても理解できるからこそ、当分シナから離れることはできない。


と、そんな感じの印象を持った今回のコンサートでした。
あと、ステージングの感想をつらつらと書いてみました。

身びいきかもしれないけど、コンサートのステージングは全体的にヘソンさんの意見が多く取り入れられているように感じた。
なぜならば、Stayのダンスはヘソコンで使ったダンスそのまんまだったもん。って、それだけじゃないですが、細かい所での演出が、ヘソコンを思わせる要素が散りばめられていました。STAYのダンスしかり。
STAYは、サビのとこのダンスを客みんなで合わせるために、直前練習をさせられました
こういうのもヘソンっぽい。
今回、バンドさんもダンサーさんもヘソンさんソロコンのチームだった。
これも影響があるかもですが。

同時に今回なんと!Wild Eyesを外した。
多分シナコンでこれを外したのは初めてなんじゃないかと。
少しずつ先に向かって変わっていこうとしている彼らを感じた。

関連して。
激しいダンスの曲の連続は、2曲までになってた気がする。体力温存作戦か?w
しかしその点は曲のアレンジで非常にうまく大人の雰囲気を出していた。
Shooting Starのロックバージョンは本当にかっこよかった。
ダンス曲ではないけど、How Do I Say の前半をスローに変えたアレンジも新鮮でよかった。
そういえば、旧曲はロックな感じのアレンジが多かった。
ロックだと踊らなくていいし(笑)

そして久しぶりの기도。
ヘソンさんが金髪のせいか、声もあの頃の声に聞こえた

そうそう、ウシャウシャ。
例のメインのダンス。
全員やったのよ!
けども、腰や膝の不具合持ちさん数名は、最後の起き上がりのところを横に逃げてスルー。
そういう手があったか!と改めて感心したと同時に、これをやらずにどうする!の気持ちをひしひしと感じた。

と、こんなところかな。
とにかく本当に楽しいコンサートでした。
こんな満足感満載のシナコンは久しぶりかも。
しかし何度も言いますが、コンサートの満足感は自分の座席&立ち位置にも左右されるものだけど、今回の自分は両日とも満足できたからこそです。
偶然の産物とは言え、神様ありがとうございます^^

そうそう。
アジアツアーは6月から。そして8月に再度ソウルで終了だそうです。
彼らはきっと今、とにかく全力疾走しているように思います。
そんな彼らを私は自分のできる限り、まだまだずっと応援していきたいと思います。


ということで以下、セットリストです。


1. Only One
2.Your Man
メント
3. Sharing Forever
4. Hey! Come on
着替えタイム
5. Free
6. Your My Everything
7. 기도
メント
8. How do I Say
9. Be My Love
10. Stay
11. ウシャウシャ
着替えタイム
12. TOP
13. Perfect Man
14.Shooting Star
メント
15. Angel
16. Hurts
17. 해결사
18. On the Road
着替えタイム
19. Venus
20. Brand New
メント
21. Once in a Lifetime
22. First Love
アンコール
23. I Pray 4 U
24. Run
25. YO!

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした!

choseさん、お疲れ様でした。
そしてお疲れの所、早速のレポありがとうございました。

毎度不参加なので十分堪能させて頂きました^^

成長したんですね。みなさん。
Liveだけは数こなさなきゃいい物出来ないですもんねぇ。

ファンの事も考え、自分の体調も考え…頑張りましたね。

なんせあの金髪に私はここおで「・・・」って固まったす。

昔の金髪の頃見て「あぁまたやってくれないかなぁ」って思ってたのに
いざ33歳の金髪見たら(〃゜△゜〃)えっ!

個人的にはコスプレみたいだから元に戻して欲しいです…

6月からツアーですか。
行けたらいいなぁ。私もペンライト振って見たくなりました!

喉も膝も無事で何よりでした。

シナメンの並び

choseさん、初めてコメントさせて頂きます。

ミヌ様大好きの BURDENと申します。
ツイも、勝手にフォローさせて頂いてます。

あのカンペモニター、昨年のコンサートから見てまして
次の曲がわかっちゃう!みたいな感動がありしまたが
回を重ねると モニターが見えても感動もない・・・的な。

で、最初の画面のメンバーの並び順。
な~るほど・・・納得!!
ワタシは今まで 歌パートの順番だとばかり思ってました。
それを確認することもせず・・・

すっごく うれしい!!
これで また イルコンでモニター見えたら 確認しますね。

ありがとうございました。

プロフィール

chose

Author:chose
SHINHWAさんとヘソンさんについて語ります♪

カレンダー & アーカイブ

アーカイブを検索する場合は表示方法を選択できますよ♪

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

(2007年9月4日設置)

カテゴリー

ソウルの気温

Click for ソウル特別市, 大韓民国 Forecast

Twitter

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ご訪問頂いた皆さん

free counters

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。